2017年

4月

22日

(再)Symptom 20161124(№52)(お萩)

 

ニーバーの祈り



OK、わかったよ。もう何でもとりあえず全部受け入れてやる。結局「どこで生きるか」ではなく、「そこでどう生きるか」ってことだろう?だから俺は今日も、ネクタイという首輪を巻き(笑)、泥水をすすりながらじっと俺の時間がくるのを待ってやる。(雌伏(反対語:雄飛)だな。)
 

俺よりひどい状況で、俺より一生懸命やっている奴らなんていくらでもいるんだ。自分では変えようがない状況は、ぐっと飲み込んで受け入れようじゃないか。それがいいとか悪いとかそう言うことではなく、とにかく「そうであるもの」として「受け入れ」よう。そうしたらもしかして、違う景色が見えるかもしれない。
 

しかし、もしかしてそれが自分で変えられそうな状況だったりするならば、変える勇気を持ちたい、変える努力をしたい、と思う。上手く行けば今よりいくらかは住みやすい世界になるかもしれない。
 

そしてもし、できることなら、現状が「受け入れるべき」ものなのか、それとも「変えるべき」ものなのか、それを判断できる「力」が欲しい。欲しいのです、神様。