2016年

7月

01日

「花を探す日曜日」更新のお知らせ(篠有里)

2016/07/01

「街を歩く」 Machi wo Aruku 9 更新。

「花を探す日曜日」

 

やっと更新できました。あとで副題追加するかもしれないけど一応公開します。

花以外の写真もあるけど「花を探す日曜日」に決めました。もう悩まないぞ。これで行くんだ。

だってこれ以上考えるのめんどくさいから

 

花フォト専門でやってる人からすればなんじゃこりゃ、みたいな作品が多めです。

アンダー目だし花自体にピン来てないのもあるし。ふつーにきれいに写そうとしてない。

ま、私なりの花写真とゆーことで。無機物スキーが撮った花写真☆です。

 

今まで無機物中心に撮影してましたが、花を探し歩いて撮りまくるのも楽しかった。

これからも色々撮ってみたいっす。

0 コメント

2016年

7月

02日

「花を探す日曜日」よりバラとアイリス(篠有里)

「街を歩く」 Machi wo Aruku 9

「花を探す日曜日」より。

 

メイン撮影の時期が5月だったんで、ちょうどどこでもバラが花盛りでしたね。何枚も撮ってた。

あー、魚眼でも撮っておけばよかったなあ。

 

 

題名「後ピンアイリス」(嘘)

花を撮りつつ背後の舗装っぷりを撮ってしまう無機物魂。

 

あやめも菖蒲もジャーマンアイリスもめんどいんで全部アイリス扱いにしました。

0 コメント

2016年

7月

03日

レッツ☆スクール学校3周目(篠有里)

1、2周目をトロ、3周目をピエールでプレイしてます。

だんだん入力する言葉のネタが尽きてきたのを感じる。

そんなに好きな人やドラマや行きたいとこって無いからねぇ。

で、結局その場で思いついた適当な単語を入力しちゃう。

 

その結果以下のような惨事に。

 

 

してもらいたいこと=現金供与。

って入力した結果がこれだよ!バスの名前が「現金供与号」に!

 

好きな人にしてもらいたいことと問われて「現金供与」と答える私も私だ。

 

 

マジックミラー号…上には上というか下には下が…。

最近のトロのお気に入りの単語でもある>マジックミラー号。

 

 

色々混じってるような。

暴れん坊将軍(馬に乗る)と駿河大納言の忘れ形見(馬に乗らない)が。

 

 

くたばれ糖質ダイエット!トロ編。

炭水化物の宝石箱や~>ギョウザライスサンド。

`�`
0 コメント

2016年

7月

04日

「花を探す日曜日」作品サルベージ(篠有里)

「街を歩く」 Machi wo Aruku 9

「花を探す日曜日」

に使わなかった分をサルベージしてきます。

このタンポポっぽい花の写真は結構あるんで今回は採用しませんでした。

どこにでも咲いてて茎も長く、割と可愛いんで摘んで帰るんですが、持って帰ると花はしぼむタイプ。

つかタンポポ系はみんなそうですね。

 

 

ここいら辺では「いわし花」と呼ばれています。

正式名称は…なんちゃらウツギだったよーな…めんどくさいのでググりませんでした!(←力強く)

1 コメント

2016年

7月

05日

「花を探す日曜日」作品サルベージ2(篠有里)

見た瞬間「ヘビイチゴだ!」と思ったけど正解は「ワイルドストロベリー」でした。

近くに寄っただけで香水のように強い苺の香りがする。いいにおい。

 

子どもの頃食ったけどヘビイチゴって美味しくないよね。甘くも何ともない。

 

つか、食うなよ>ヘビイチゴ。

 

 

このタンポポもどき(勝手に命名)はほんとどこでも元気に生えてるなあ。

 

お花で更新できたならアパート・公営住宅・団地系で1ギャラリーいけるか…と目論んでるけど、

団地系の建物バリエーションがあんまり無いのよね。白っぽい建物と、このベージュ系の2種類くらいかな。

他の市に遠征すればもーちょっと撮れるかもしんない…いや、県営系はみな同じ型かもしれんのう。

1 コメント

2016年

7月

06日

光と影、門扉とその影(篠有里)

これ、別の場所で似たような写真を何枚か撮ってる。

影の出方が好きでつい撮ってしまう。

 

Machi wo Aruku 9

「花を探す日曜日」

もヨロスコ。

夏になると撮る花も減ってくる。やっぱ春先が一番色んな花を撮れるな。

それに暑くなるとムシムシ大行進でさー…至る所にムシムシが!見てキモい!刺されてかゆい!

0 コメント

2016年

7月

07日

花を探し続ける日曜日(篠有里)

「花を探す日曜日」を更新できた後も継続して花を撮ってます。

 

今の時期はタチアオイがいい。

何とか作品にできないかと

撮り歩いてます。

←ちなみにこれは試作品。

 

あ、団地も同じく撮ってます。

団地で30枚以上…無理っぽいけど集めたいのう。

ちまちま撮ってますがそれだけで

ギャラリー更新は難しい。

みんな同じような写真になっちゃうんだなあ…。

中に入れればもーちっとどうにかなるんだろうけどね。

外をうろついてるだけじゃみんな同じ作品になっちゃうわ。

 

今は大人しくタチアオイ写真でも撮ることにします…。

 

萩氏に呆れられるほどゲーマーモード。

何かプレイしたくてたまんねー。

でもあんまきつい(世界樹とか)やつはプレイしたくない。

それかといって大枚はたいて2日しか保たない系のゲーム(逆裁)もイマイチ。うーむ。

 

 

 

 


0 コメント

2016年

7月

08日

EOS-5D+魚眼でも撮らなきゃね(篠有里)

青い空が美しい5月の魚眼。

いやー、最近a520で花を撮ってばっかで魚眼さぼってます。

知らん人に指さされることを恐れてはいかんな。はい。がんばります。

 

つか、休みの日にちょっとデジイチ持って歩いてるだけでそんなつっこんで来なくても…。

私は人間なんて写す気無いよ!花と団地と無機物だよ!子供とか興味まるで無いよ!

0 コメント

2016年

7月

09日

先生の好きなモノを捏造学校(篠有里)

3周目ちょこちょことプレイしております>レッツ学校。

がっつりとじゃなく空いた時間にプレイするのにちょうどいい。

 

 

濡れ衣を着せるなぁ!

なんでこんな話になったんだ!

 

でも犯人私だ!

 

 

マジックミラー号(命名:トロ)で納豆かけご飯山に写生に。

えらく庶民的な食べ物を入力してるな…。

他にも「ラーメンライス」「ギョウザライス」「具だくさんみそ汁」「インスタント食品」等、庶民の味が満載。

 

 

写生大会が終わった後はコスプレしりとり合戦。

相変わらずアホな学校名だ。

あ~あ~♪どこでも~どこでも~がっこ~う♪(校歌)

 

 

すげぇもんにからまれてますねジュン。

でも極道18人殺しは心根が優しい男ですので大丈夫でしょう。

0 コメント

2016年

7月

10日

夏の花を撮り歩く魚眼(篠有里)

タチアオイを魚眼で撮影。

いやー、久々にEOS-5Dさんと撮影に出ました。

間あけるとやっぱ感覚が鈍るな…足の写り込み率が高くなるんだよ。

 

 

あいまいな色のアジサイ。

 

暑いから歩くのは1時間程度にしてる。

いくら帽子をかぶって涼しい格好をしてポカリを飲んでも暑いもんは暑いんじゃー。

0 コメント

2016年

7月

11日

続・夏の花を撮り歩く魚眼(篠有里)

天候がいい内(雪が降る前)に魚眼でもお花を撮りたい欲が盛り上がってまいりました。

そうだ、重いとか目立つとか他人に後ろ指指されるとかとりあえず無私だ無視。

撮りたいカメラで撮りたいモノを撮るんじゃー!

 

 

春先と違って盛夏になると花の種類が減ってくるのう。

 

あー、足が写り込んでしまう。この感覚は魚眼に慣れないとすぐ失われるのよねぇ。

0 コメント

2016年

7月

12日

七夕の願いの変遷(篠有里)

近所の児童館の短冊。

一輪車がうまくなりたい…可愛いもんすな。

 

今の汚れた大人であるところの私が書くとしたら

 

一攫千金

 

不労所得

 

一等前後賞

 

あたりでしょうか…ああ、なんという魅惑のワードたちよ…。

0 コメント

2016年

7月

13日

修治とLOMOFish-eye作業中(篠有里)

いやー、LOMOFish-eyeギャラリー3のための取り込み作業が全く進んでません☆

取り込んだ後のゴミ取りが面倒っすね>今までの銀塩作品。

0 コメント

2016年

7月

14日

スーパーの特売卵マジック(篠有里)

もうめんどくさいから家から出るまい…と思ったが特売の卵のためにスーパーに行くの図。

卵特売のやる気喚起率マジパネェ。

サラダ油や小麦粉よりも卵の方が勝る。

0 コメント

2016年

7月

15日

夏らしい写真を撮ろうとする宵宮(篠有里)

雨の日の夕方くらいの暗さだとa520さんはほとんど手ブレになるな…。

 

ものすごいよい天気の時にちょいマイナス側に補正して撮るのが一番面白いカメラだしね。

でも人混みでEOS-5Dさんを持ち歩く気力が無かったの…チキンな私を許してくだたい。

 

レンズが張り出してるSIGMA魚眼のレンズはあんま人混みだと傷つきそうで怖いとゆーのもあります。

 

もちろん傷つくのはレンズの方です。

0 コメント

2016年

7月

16日

宵宮にて夏らしい写真を撮ろう(篠有里)

おハロー!(無理に明るく)

歩いていける距離(でも疲れた)の宵宮なら雨がざんざん降りでも撮影に出ねばなるまい…。

そんな悲壮な決意をしつつ撮影に出ました。

 

写真に復帰した3月あたりに萩氏と

「今年は夏になったらお互いお祭りの写真撮りたいねー」

等とキャッキャうふふと今後の展望を語り合ってたんですが、実際その季節になるとなかなかチャンスがない。

一番最初の歩いていける宵宮チャンスの時は、今回よりもざんざん降りでとてもじゃないけど出歩けなかった。

警報が出るレベルの雨の日にカメラ持って歩くとかちょっと無理っす。今回もEOS-5Dさんをあきらめたし。

 

あと1回か2回くらい、根性出せば歩いていける距離で宵宮やるんで、その時も撮影できればしたい。

んで、宵宮写真でギャラリーを更新したい。

 

そこまで枚数揃わないっぽい気配が濃厚。

 

撮影時に私がした行動

・何か買わないと撮影し辛いか…と思ってたけど、店の人が他の客の応対をしてる隙に撮ることにした。

・つか、売ってるモノがみんな高いんで買いたくなかった。唐揚げたけーな。イチゴ飴も。

・私のノーファインダー撮影技術が火を噴くぜ!(自慢できない)

・神社でおみくじくらいは引こうかなと思ったら100円玉がまるで無い。あきらめる。

・なけなしの小銭(35円)で家族(犬含む)の健康その他を熱く激しく狂おしく祈る

・拝み終わってから「あ、の事すっかり忘れてた…」と思い至る。

・萩氏にとっての私の弟のイメージ=ハグリッド。ヒゲがなければ外見的に同じようなもんなので否定できない。

・帰りに知らん父子の子供の方に指さされつつ「あ、あの人お母さん***(以下聞き取れない)」と聞こえてくる。

・若いお父さんが子供に「シー!」みたいにしてるんできっとよくない指摘を受けてるんだろうと早足になる。

・撮影結果=使ったお金35円。あの…一応お札は財布に入っているんですけど…。

 

あれ?なんか悲しいぞ。

 

本気作品の方はギャラリーの方に掲載したいと思ってます。

その前にアオモリ、テキサス関連を含む別ギャラリー更新もしたいっす。

0 コメント

2016年

7月

17日

他の人の金魚すくいに便乗する(篠有里)

しかし、便乗して撮ってるのでどうも落ち着きにかける。撮るとすぐ逃げる。ヒットアンドアウェイ。

雨の日の夕方でかなり暗いとゆーのもありますが。

 

落ち着いて金魚すくいを撮るには、誰か(ツレ)にすくわせてその隣で撮る、というのが一番失敗のないやり方。

 

ギャラリーの更新は通常街を歩くか、団地+祭り特化にするか構成を考えてる最中です。

0 コメント

2016年

7月

18日

煙いのはマジ勘弁してなり雑感(篠有里)

窓を開ける季節になりましたね。

私の家の周辺には外タバコ&庭バーベキュー&焚き火の常習犯が常駐しておりますので、部屋の中で

どんなに好みのアロマオイルを焚いても意味がありません。高かろうが安かろうか関係ありません。

毎日が分煙してない焼き肉屋気分です…許さんぞ貴様ら!ジワジワとなぶr(以下略)

 

風向きによっては近所の中華料理屋のにおいも参戦します。その場合、部屋の中がチャーハン臭です。

 

ちなみに1軒の家の問題ではなく、近所ぐるみでそんな感じです。

焼き肉攻撃はお向かいさんが一番多いけど、今日ははす向かいの家でやってます。グギギィ…。

0 コメント

2016年

7月

19日

カメックスな午後とは如何に(篠有里)

サムネイルで見て蛇かと思った写真。

え、私いつの間に至近距離で蛇を撮ったの!?と混乱した。

普通蛇撮ったなら覚えてるだろ…。

 

これ、チャリの鍵だよね?

つか、これ見て思い出したんですが、チャリの鍵みたいの首に下げてる人いるんすがアレ何?

チャリの鍵では無いんだよね?でもそうにしか見えない。

アレを下げることによって「チャリの鍵下げてるみたい」と思わせる以外に何の効果があるんだろうか。

 

オサレに肩こりが治るの?

 

 

カメは撮ってた。

 

ファイル名が「カメックスな午後」になってた。何だよカメックスって。

撮り貯めたものを大量に処理するとき、疲れてくると脳がテキトーな題名を付け始める…。

 

昨日自分の部屋が煙いと文句垂れたけど、以前にも全く同じよーに文句垂れてる。

つまり状況が全く改善されてないちゅーわけですな。うんざり。

0 コメント

2016年

7月

20日

なんかのメーターのつながり(篠有里)

何のメーターなのかよく分からない。

もうちょっと近付いて見れば確認できたんだろうけど。

でもこーいうのは撮らずにいられないタチです。

0 コメント

2016年

7月

21日

青い血が流れる今日この頃(篠有里)

題名「また青い血が流れた」

 

うーん、なんか新しいゲームがやりたいよー。

今年の盆は親戚が訪ねてくる(泊まりがけ)のが確定したんで今からブルー。

ブルー通り越して群青。弟が帰ってくるのは毎年なんでそれもめっちゃ群青

そんな群青色の気分をもり立てたいんでなんかちょうどいいゲーム無いかマジで。

 

ええい、卵の特売に行ってくる!(卵の特売はテンションが上がるので)

赤玉が~お一人様1パック108円(税込み)~♪

半熟の醤油卵を作ろう~♪

 

新しい卵はなかなかむけない>ゆで卵。

半熟だと特に。穴空けても難しいね。

0 コメント

2016年

7月

22日

煙いよコロコロコンクリート(篠有里)

題名「コロコロコンクリート」

 

うがああああああ!焼き肉くせー!

毎日雨の日以外は外で焼き肉&焚き火しやがるお向かいマジ滅*******(穏便じゃない単語なので略)

まぁお向かい以外にもやらかすんですがね。住宅街で火ぃ燃すなんて普通はやっちゃいけない所行だろうに…。

 

つーわけで逆裁6注文しました。

私の心を癒す(主に現実逃避として)術は新しいゲームくらいしかねぇわ。

届くまで4と5の再プレイをしつつ、期待をふくらませます。

 

卵の特売には行きました>先日。

0 コメント

2016年

7月

23日

魚眼でアパートも撮るべきなのでは(篠有里)

花も撮りたいがアパート系を魚眼で撮るのもアリだよなあ…ううん。課題が多い夏。

 

逆裁6を注文してしまったのでしばらくゲーマーモードで更新できないかも。

萩氏がそろそろ創作に復帰できそうなんでそっちに期待だ!(すげぇ人任せ)

 

大逆転の方を先にプレイすべきか?ううむ。

でもさ、完結してないENDっぽいレビューを読むにつけ購入にまで至らない。

0 コメント

2016年

7月

24日

テキスト習作20160725(お萩)

ボトルのアイスコーヒーはおいしいけど、飲むと必ずゲボ吐きそうになる。

 

良彦は思った。

 

いや、ゲボを吐きそうになるのは彼を囲んでいた日常生活のせいだったかもしれない。

 

職場でのちょっとした勘違いを大げさに上司に報告され、別室で直接注意を受けた良彦は人間不信に陥っていた。

 

誰かが自分の細々としたミスを常に監視しているのではないか。

 

それが馬鹿げた考えであることは良彦も重々承知していたが、しかし今はどうにもその考えから抜け出すことができなかった。

 

どんなことで足を引っ張られるのか分からなくて、職場で誰かに声をかけるのにもちょっとした恐怖感を抱いたほどだった。

 

本人には聞こえないように、誰かが誰かの噂をこそこそと話している。

 

そんなことをするくらいなら、当人にその噂を伝えてあげたほうがいかにいいだろう。

 

良彦は思った。

 

IMEの調子が悪く、良彦は自分の名前を漢字変換するのにいちいち「義彦」の次の候補を選ばなければならなかった。

0 コメント

2016年

7月

25日

夏の植物を撮り歩く魚眼(篠有里)

題名「ノウゼンカズラを正座で撮る」

 

EOS-5D+魚眼でも花系写真でギャラリー更新できんかと撮影始めました。

今まで魚眼休んできたからね。どーも目立つのが嫌で…チキン野郎が。

 

クソ暑い時の紫外線が一番多い時刻に歩くとあんま人がいないとゆーことに気づいた。

でも太陽の光を浴びると首や腕がかゆいぜ!

 

薬塗っとこう。

 

 

暑いけど今んとこ湿度があまりないので歩いても楽だな。

日陰に入れば涼しく感じる。風もさわやか。

0 コメント

2016年

7月

26日

習作「マクドナルド中谷店」(お萩)

 「先輩、それじゃあまた振られますよ?」

 

正彦が、マクドナルド中谷店2階の防犯カメラからちょうど死角になっているテーブルで、制服姿でタバコに火をつけながら言った。

 

「いいですか、先輩?女子と付き合うのには手順ってもんがあるんです。」

 

正彦は、すうっと煙を吸うと、タバコの灰を飲み終わった自分のメロンソーダMのカップの中に落とす。それから制服に落ちた灰を払った。

 

「そうかねぇ」

 

そう言いながら俺はわざとタバコの煙にむせたような顔をして、数回、大きめの咳をしてやった。

 

「そんな話しもしたこともない人にいきなり「付き合ってくれ」なんて言われたって、先輩のこと、相手もよく知らないんだから「はい、お願いします」なんて言ってくれる訳ないじゃないですか?」

 

「そういうもんかねぇ」

 

お前だって女の子と付き合ったことねえじゃねえか。そんな奴のアドバイスに信憑性があるかってーの。

 

「最初は挨拶からです。それから二三言雑談。そしてまずは友達になる。そのぐらいの手順を踏まなきゃ彼女になんてなってくれませんよ?」

 

「そういうもんかねぇ」

 

俺は飲み終えたペプシコーラの氷が融けてできた「コーラ風味の水」をズズズとすすった。いったいどの雑誌で読んだんだ、そんなの?

 

「だ、か、ら、ですよ!」「先輩の好きなジュンコ先輩と、あと俺の好きなトモヨ先輩の4人で、ダブルデートっすよ!これなら気まずい雰囲気になることもないし、二人っきりじゃないからギリッギリ「お付き合い」にはならないんす!」

 

「そういうもんかねぇ」

 

俺はあいかわらず腑抜けた返事を繰り返したが、結局単にてめえがトモヨちゃんとお近づきになりてえだけなんじゃねえの?なんて考えていた。

0 コメント

2016年

7月

27日

夏の町内を歩く魚眼建物編(篠有里)

題名「いつかこの住宅をすべて我がモノに」

 

まぁ無理なんすが。

 

暑いので撮影は1時間どころか15分で済ませました。

熱中症で道ばたに倒れ込んだことのある身としては、夏の暑さマジパねぇ&ヤベぇですので。

 

 

レンズの特性上仕方ないんですが、みょーな姿勢で腕伸ばしてる私の影が入り込むのが…。

右手にハンドストラップでくくりつけたカメラ、左腕に買い物袋(用事と撮影を同時にこなす)。

 

夏なんで帽子を替えました。

買ったときは涼しげで可愛いと思ってたんですが、今んなってはたと気づいた。

「これ、CSI科学捜査班のグリッソムの帽子とよく似てるじゃねーか」

それに気づいてからはもうかぶるたびに気分は主任。可愛いとか吹っ飛んだ。

0 コメント

2016年

7月

28日

逆裁6をプレイ中なゲーマーモード(篠有里)

題名「いない人の部屋は物置になる」

 

弟の部屋っすね。

片付けの最中撮ったもんで、さすが今はこんな状態じゃないっす。

 

逆裁6プレイ中。

動画というか託宣を検証するのめんどい…。

シリーズ重ねて証人のリアクションがよくなっていくにつれテンポが悪くなる気がする。

でもペナルティ受けまくっても簡単にコンティニューできるんで、分かんない時は開き直って間違った

つきつけをしまくってます。イエー!頭悪いぞ!

 

あと、犯人が分かり切ってる時はそこまでたどり着くまでがめっさ長く感じますね。

アイツが犯人でどうやったかも分かってるんじゃー!はよ指摘&説明させい!という気分になる。

0 コメント

2016年

7月

29日

習作;「彼」の話(第3話)(お萩)

(3)

 

「3年間、彼は川で溺れて死んだの。河原でバーベキューをしている最中だったわ。

 

深い川じゃなかったんだけど、彼は泳ぎがうまかったから油断したのね。

 

ちょっと奥のところまで泳いで行って、そこで蛸壺にはまったらもうそれっきり。再び浮かび上がってくることはなかったの。

 

彼の遺体が見つかったのはもう海に近い河口付近の中洲だったわ。

 

彼の最後を後で彼の家の人から聞いたとき、いろんなことを考えたわ。

 

暗い水の底にもがきながら引き込まれていく彼。水が肺の中にいっぱいに満ちて、もう終しまいかもしれないって思ったとき、あぁ、自分はもう死ぬんだなって思ったのかなとか、私と会えなくなって寂しくなるなって考えてくれたかな、とかね。

 

本当に不思議。生きることに絶望していた私がまだこうして生きていて、まさに生を謳歌していた彼がもうこの世にはいないなんて。」

0 コメント

2016年

7月

30日

ダメ大人逆裁6プレイ中と魚眼(篠有里)

うう…昨日は暑かった…35℃とか勘弁してくれマジで。

 

まぁほとんど徹夜でゲームしてんのが悪いんですがね>体調。

めまいするとか寝不足が原因なんだろJK…。

 

ダメ大人が夜を徹してプレイして逆裁6最終話までプレイ終了(特別編除く)。

以下最終話ネタバレに付き反転。

 

 

 

 

 

オドロキくんのとーちゃんはマヨイちゃんが霊媒して証言させるのかと思ってたよ…。

新システムだからしゃーないのかもしれんが最後まで託宣なのか。これあんま好きじゃないのよ。

つか、マヨイちゃんの能力はミステリにおいては禁じ手とも言えるモノなんで使い処難しいよな。

1の時みたいにノーテンキに霊媒してらんないんだろーな。話の整合性的に。

だからマヨイちゃんはいつでも誘拐されてんだろーね。

0 コメント

2016年

7月

31日

習作;「彼」について(第一話)(お萩)

(1)

「まいっちゃったわ。「夏野菜のカレーだよ」なんて、「へぇー、料理もするんだぁ」とか言われたげな満面の微笑で言うんだもん。思わず吹き出すところだったわ。「自然を満喫しよう」とか言って、ピカピカの4輪駆動車でオートキャンプ場に行ってそのご自慢のカレーを振舞う、そんな自分が大好きって感じのタイプだったわね。どこそこの有名な炭とか、なんだか小難しい名前のようするに菜っ葉でしょ?っていう南欧だかどこだかの野菜とか、そんなもんを持ち出してきて野外料理を気取るんだけど、本当は満足に火をおこすこともできない。そもそも“美学”を持っている人間が、わざわざ自分の“美学”についてご開帳する必要があるのかしら?カレーも同じよね。カレーは、彼にとって(洒落じゃないわよ)“男らしさ”という美学の象徴なのよ。“男らしい”人間は“男らしさ”を誇ったりはしないわ。フロイトが存命なら、夢判断の“男性を象徴するもの”の中に、間違えなくカレーを入れたわね。いや、おそらく食べ物にこだわりすぎてるということで、彼を口唇愛的人間とみなすかしら。」

0 コメント