2016年

5月

01日

殺キャベツとゲーマーモード飽き気味(篠有里)

題名「キャベツ殺人事件」

キャベツは人か?

殺キャベツ事件では?

 

つか、いつまで経っても安くならない葉物に対してこの仕打ち…生産者の強みだね。うらやまー。

春なのに春キャベツが安くなんねー。季節の野菜が旬の季節に高くなる。うんざり。

 

萩氏更新です。

「萩沢写真館」→「TC-1」→「盲目の時計職人 2」更新。 

 

真IVFINALプレイメモ

・連続して2周目なんでさすがに飽きる。

・全書埋め、サタンやメルカバーやルシファーを作ったのになんで100%にならないんだ?と思う…あ、(察した)

・そうか…これから合体事故マラソンをせねばならんのか…うんざり。

・これだけLVが上がると瀕死とか風邪とか序盤ではなかなかできん。雑魚じゃ話にならんのだよ雑魚じゃ。

・Nルート分岐のためとは言え、仲間に冷たい態度をとり続けなきゃなんないのも辛い。

・合体事故を起こしやすくする処置(ハッカーズで言うコペルニクスみたいなの)があればいいのに。

・月齢も無いしな。とにかく外道・瀕死・風邪状態で合体しまくるしか無いのか。

・でもその状態になかなかなんないのよ。

 

こんな感じで2周目プレイが当初から煮詰まり気味。

0 コメント

2016年

5月

02日

魚眼ギャラリーから&ゲーマーモード終焉(篠有里)

題名「たなびくプレステージ」

 

魚眼ギャラリー3「青の日々」より。

 

なんか頭痛くて調子悪い…せっかくの連休なのに撮影に出たり、撮り貯めた写真の処理をしたりできない…。

って、アレっすよね、ゲーマーモードで旧式3DSの小さい画面を見続けてたツケが回ってきたんすよね!

あー、悩んで損した。

 

萩氏更新のお知らせ。

「萩沢写真館」→「TC-1」→「盲目の時計職人 2」更新。 

 

萩氏もこの休みの間雨さえ降らなければ撮影に出まくって更新すると言ってるのに、眼精疲労ごときで

調子悪いとか言ってられねーわな。魚眼&a520共々頑張ります。

 

飽きが来てますが真IVFINALプレイメモ

・あー、序盤じゃ状態異常になりゃーしねー。合体事故を起こす確立が上がらない。

・第一段階のシェーシャを倒すとこまで来ましたが飽きてきた。

・やはり間隔を開けてから再プレイの方が望ましいか…昔は連続周回プレイなんぞ屁でもなかったのだが…。

・終盤まで持っていって、こっちを状態異常にできるような強い雑魚が出るまで全書埋めできねー。

・あー、1周目の終盤で状態異常起こして合体事故起こしまくってればよかった。うぐう。

 

真IIIなんか無印、マニアクス、マニアクスクロニクルでどんだけプレイしたか分かんないのに、

ゲームへの欲求が昔より減ったちゅーか低いなあ…。やり込みとかする気なかなか起きない。

0 コメント

2016年

5月

03日

魚眼生活3と発熱と悪寒(篠有里)

魚眼生活3 「青の日々」より

 

体調の悪さはゲーマーモードからくる眼精疲労ではなく風邪だったようです…。

昨日の明け方あまりにも寒くてガタガタふるえながら目を覚ましたんですが、いくらなんでもこりゃおかしいと

思って熱はかってみたら朝っぱらから38℃ありました。そりゃ悪寒もするわな…。

0 コメント

2016年

5月

04日

風邪と妙に暑いのと更新(篠有里)

一昨日ガタガタふるえるほど寒くて目が覚めたと思ったら昨日の最高気温は30℃超え。

暑いのに悪寒がする、汗はかいてるけど冷や汗みたいな感じ。

風邪薬の所為で始終だるく考えがまとまらない…なんちゅー連休を過ごしとるんや私は。

 

2日間寝て過ごした。

 

お互いの更新のお知らせ。

2016年05月04日

「街を歩く」「街を歩く(魚眼)」 Life with Fish-Eye 4 更新。

キーワードは「それすらも退屈な日々」

 

2016年04月30日

「萩沢写真館」→「TC-1」→「盲目の時計職人 2」 更新。

 

題名付け作業はあきらめた。もうこれでいいや…。

魚眼で桜を撮る!という志は貫きました。いずれブログの方でもご紹介します。

0 コメント

2016年

5月

05日

魚眼生活4より桜中心に(篠有里)

題名「桜の夢の始まり」

今回すべて魚眼生活4より。

 

今年は桜をあえて魚眼で撮る!デジイチ買ったしな!うへへ!

そう宣言したとおり、よさげな桜を求めてそこいら辺をほっつき歩いてたわけですが…。

と言うより人気のないとこで落ち着いて撮りたいがゆえにほっつき歩き回ってたのが真相なんですけどね。

まつり会場じゃなくても、ちょっとした公園には敷物敷いてお弁当食べてる親子連れとか必ずいるんで…。

もう私、「ママー、あの人なんでカメラ持って歩いてるのー」とか指さされたくないんや!

 

 

題名「桜の夢のきらめき」

 

んで、人気のない場所で桜を撮ることにかまけてたらもうどこも桜散っちゃって、まつりも終わりかけてる。

つか、咲くのも早いが散るのも早いなあ。昔はここまで早くなかった気がするんだけど…。

 

萩氏更新のお知らせです。

2016年05月05日

「萩沢写真館」→「TC-1」→「盲目の時計職人 3

 

 

題名「桜の夢の終わり」

 

晴れの日も曇りの日もそれぞれの趣がありますな>桜。

 

a520の方はもっと攻めた感じの桜写真って感じの出来を目指しました。

次のギャラリー更新の時に掲載する予定です。

EOS-5D+魚眼の色調は調整の必要のない中間調の出方っすから。

サイズ変更(真四角に変更)だけすればあとはそのまんまでOK。CANON様~EOS様~である。

 

連休中なのに風邪ひいて熱出してました。しかもだるい。

雨さえ降らなければ撮影三昧の予定だったのになあ。ほとんど寝て過ごしました。

0 コメント

2016年

5月

06日

更新と体調と信号(篠有里)

題名「青信号なのに」

 

ギャラリー更新のお知らせです。

2016年05月05日

「萩沢写真館」→「TC-1」→「盲目の時計職人 3」 更新。

 

2016年05月04日

「街を歩く」「街を歩く(魚眼)」 Life with Fish-Eye 4 更新。

キーワードは「それすらも退屈な日々」

 

私は連休を風邪で寝て過ごしましたが、萩氏は充実していたようです…銀塩系作品(TC-1)更新3回目。

4回目の更新もすぐに行けそうな状況です。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ。

・サブを適当にこなしつつメインをさっさと進める方針で。現在ツン期のガストン加入のとこ。

・仲間には冷たくあたってます。結構辛いなこれ…。

・中庸中庸うっさい。

・外道合体で何度か事故を起こせた。英傑や狂神を何柱か作れたけど先は長い。

・主人公がバッドステータスにならないし、仲魔もならない。合体事故を狙って起こすには必要なのに。

・これはかなーり後半までいかないとバッドステータスにはなれないぞ。

・なぜ…なぜコペルニクス的なものを付けなかったんだ…全書コンプし辛すぎだろ。

 

義務感からプレイしてるんであんま楽しめてない状態。

外道合体じゃ高レベルの事故のみで作成される系悪魔が作れないのよね。マッドガッサーが最高LVだし。

0 コメント

2016年

5月

07日

a520で花を撮る(篠有里)

題名「真面目に撮らない八重桜」

 

花より空の色がメインかもしんない。

微妙な桜色をちゃんと表現すんのはEOS-5D様にまかせるわ。

a520ではちょっと外した花写真を撮りたい。

 

 

題名「椿落花」

 

真IVFINAL2周目プレイメモ。

・トキ加入。早くそのお面を外すんだ。

・オイこら今日1回も合体事故起きなかったぞ!どうしてくれんだ!

・あー、魔人とかどうやって作ればいいんだ…つか、外道スライムすら作れてない。

・合体事故だよりの悪魔をこんき多くするのは止めてくれ。

・コペルニクスー!ハッカーズん時に出来てた事を今出来ないとかさー!

 

萩氏更新です。

2016年05月07日

「萩沢写真館」→「TC-1」→「盲目の時計職人 4

 

連休中調子よく撮影できたので更新のペースが速いですね萩氏。

0 コメント

2016年

5月

08日

盲目の時計職人シリーズ(篠有里)

作品は萩氏新作ギャラリーから。

 

「盲目の時計職人 1」
「盲目の時計職人 2」
「盲目の時計職人 3」
「盲目の時計職人 4」

 

カメラはMINOLTA TC-1使用の

銀塩作品になります。

 

写ルンですギャラリー

「延長された表現型」の後継と

なるシリーズです。

 

TC-1という「優れた文房具」で

写ルンです的作品を今の自分が

撮る、という試みです。

と、思う。

勝手に私が代筆してるけど。

いいのか?

 

萩氏のこだわりにより作品は

すべて縦位置を貫いてます。

 

そして世の無機物スキーさん

必見の被写体選択。

 

無機物好きなのは同じだけど、

縦横斜め好き勝手に撮る私とは

そこが違うのう。

横を心がけるのは魚眼だけ。

 


 

 

 

TC-1で撮った作品はグラフィティ

というか、街に遍在する文字を

モチーフにしてる作品が多いの

ですが、あえてそれ以外の作品

をここで取り上げてみました。

つか、私の趣味100%です。

 

色調がなぜか写ルンですの時と

似た感じというか、レトロ調なのが

面白い。

黄色味が強めに出る感じ。

 

私がグダグダ書いてないで萩氏自身が作品解説したら全部解決

しちゃうぜ☆とは思うんですが、

「何故自分がこれを撮るか」と

いう動機を萩氏があんまり説明

したいと思ってないそうなので。

言語化すると失われるニュアンスがあるのであえて説明しないので

はないかと。

 

んでも萩氏の作品をブログでも

紹介したかったんであえて

使わせてもらいました。

 

また機会があればギャラリー

から作品引っ張ってきて載せます。ヨロスコ。

 

 

 


0 コメント

2016年

5月

09日

お総菜魚眼と更新の予定(篠有里)

題名「今日何食べようかな」

 

実際はスーパーのお総菜とかあんま食べない派です。

風邪ひいて熱が出てるときでも家事はしなきゃいけないんで…連休中、体調崩しつつもメシは私が作りました。

 

「盲目の時計職人 1」
「盲目の時計職人 2」
「盲目の時計職人 3」
「盲目の時計職人 4」

 

萩氏ハイペースです。

私も頑張らなければ。

 

「街を歩く」「街を歩く(魚眼)」 Life with Fish-Eye 4

キーワードは「それすらも退屈な日々」

 

魚眼とa520どっちを先に更新しよーかなー。

a520の方がもう枚数テーマともに決まっちゃってるんですが。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・色封じ行脚中。トキのテコ入れイベントとも言う。

・外道スライムできた。

・しかしそれ以外で全書埋め作業全く捗ってない。

・たとえ全裸で中ボスに挑んでもびくともしないであろう主人公LV999。

・なんか…真IIIに逃げたくなってきた…雰囲気も音楽も大好きなんっすよね…。

・ストレンジジャーニーでもいい。SJはカオス一択な気がする。ヒメネス万歳。

 

うーむ、なんかもやもや。

ゲーマーモードになったのにそれを消化しきれない。やり場のないパワーが余ってる。

なんかこの気力を受け止めてくれるゲームは無いもんか。

0 コメント

2016年

5月

10日

真面目に撮った八重桜魚眼(篠有里)

題名「真面目に撮った八重桜(魚眼編)」

 

次の魚眼更新の時に載せようと思ってた作品ですが先にこっちに。

 

もう桜の季節も終わりですな。

今はリンゴやハナカイドウが満開です。

リンゴは…他人の園地に入り込むのはさすがにやばいんでこんな風には撮れないだろうなあ…。

 

萩氏がTC-1を再発見&再評価してるのと同じように、私も魚眼の楽しさを改めて感じてます。

つーか、やっぱ魚眼でスナップするの楽しいわ。銀塩ん時より扱いやすいし。

 

銀塩で魚眼やってた時の現像屋、基本やる気無くてネガ自体に1本ずーっと傷入るとか普通にあったし。

それを自分でちまちま消すとか昔はよくやったわ…デジカメはその手のトラブルは無いからほんっと助かる。

一番イヤなのは周囲の黒い部分の色調が一定じゃないこと。そこだけ調整とかできっか。めんどい。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・しかし、見れば見るほどこのイナンナぶっさいくなデザインやな。

・合体して連れて歩くとか全く考えられない。つか新規悪魔はみんなそうだけど。

・適当に合体してたら英傑カンテイセイクン出来た。しかしスキルがしょぼい。

・主人公鉄壁過ぎてパーティ組む意味が無い。それは私が悪いんだけどさ、チート野郎なんで。

・主人公が攻撃の要で、仲魔に道具使えるスキルを継承させた方がいいかもしんないと思った。

・でもさ、高レベルな仲魔に「道具の知恵・癒」とか継承させてないっつの。

・合体の時、仲魔の弱点を消すことばかり考えて来たのは間違いだったのか。

0 コメント

2016年

5月

11日

Machi wo Aruku 8 更新(篠有里)

題名「花嫁衣装だ」

 

2016年05月11日

「街を歩く」 Machi wo Aruku 8 更新しました。

キーワードは「夢中歩行」

それと二重写し。

1枚目から結構気に入ってる作品を持ってきました。

ぜひギャラリーの方で見てください。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・今日は合体事故無し。

・さくさく進めようと思ったが、サブクエの経験値欲しさに寄り道してしまう。

・これから東のミカド国に帰っちゃったガストンを迎えに行くとこ。

・いえ、正確に言うと東のミカド国の諜報活動です。

 

とりあえず2周目ちまちま進めてます。うーむ…。

でも3周目はすぐ取りかかる気起きないだろうな…CとLルートはおまけみたいなもんだろうし。

0 コメント

2016年

5月

12日

盲目の時計職人3より(篠有里)

萩氏TC-1作品

盲目の時計職人3」より。

 

私が一番好きな作品を持って

きました。

 

晴れまくった状況で青空を撮って

いるはずなのにこのレトロな色。

まるで昭和のデパートの屋上

みたいな感じだ…。

平成の現在撮った作品なのに。

 

柵の向こうの建物、銀行なのか

デパートなのか分かりませんが、

現在の建物じゃ無く見える。

これが萩氏の写真マジック…。

 

あ、篠有里も昨日更新しました。

「街を歩く」 Machi wo Aruku 8

になります。よろしく。

あり得ない色彩の桜×2枚と

二重写しの街等々。

 

晴れてると撮影捗るけど、すげえ

紫外線浴びてるんだろうなと

恐ろしくなる。

日焼け止め塗ってるのに足の甲

が…手の甲が…首が…。

マジで日焼けしたくなければ、

イスラム人女性みたいな服装を

しなきゃなんないな…暑そう。

 

それは無理だ…。

 


0 コメント

2016年

5月

13日

Machi wo Aruku 8更新のテコ入れ(篠有里)

「街を歩く」 Machi wo Aruku 8 より。

キーワードは「夢中歩行」

見てね!(←明るく)

つか、8を誰にも見てもらえないうちにもう9の更新ができそうな状況です。

デジカメ(もちろんa520の方。EOS-5Dじゃ普段の鞄に入らん)はいつでも隙あらば撮影できて、

現像の手間も無いんで作品ゲットしやすい。銀塩時代が信じられないほど便利。堕落しそうなほど便利。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・何で魔人が作れないかやっと分かった。東狂って何じゃー。1周目気づかんかったわ。

・真IVに何であんま乗れないのかちょっと分かってきた。言葉選びのセンスがあんまメガテンっぽくない気が。

・東狂・必殺の霊的国防兵器・東のミカド国・東京の女神・希望の大魂・悪意の大魂…等々。

・マカラコワースと名付けるセンスもどーなの?と思う。分かりやすいけどさ…。

・あと、なんかみょーに特撮っぽい匂いがする。作ってる人の趣味かな?新規悪魔見ると余計そう思う。

・特撮好きな人ならいいけど、これは一応メガテンなんだしなあ…。

・真IVFINALの方はIVの悪いとこちゃんと直して遊びやすくしてるのは評価できる。サクサク進む。

・でもFINALもメガテンか?と言われればそうではない。

・魔法も技もMP消費なのはイマイチ。HP多めの仲魔は肉の壁でしかない。

・でもIVからメガテンプレイしたって人なら大満足だと思う。それ以前を知ってる古い人間はダメなんだろうな。

 

文句垂れてばっかですが、2周目クリア&全書100%はやり遂げたい。

いえ、メガテンだと思わなければ楽しいゲームですよ?

ただし、FINALは前作プレイしないと話に分からない部分&共感できない部分があると思う。

 

あれ?ギャラリー8のテコ入れじゃなくてメガテン話になってるぞ?

0 コメント

2016年

5月

14日

盲目の時計職人4より(篠有里)

萩氏TC-1ギャラリー

盲目の時計職人4」より。

 

こういうこちゃこちゃした路地って

いいですよね。

飲みたいとゆーより撮りたい。

しかも夜より昼のがいい。

夜に光り輝く場所をあえて昼に

撮りたい。

 

ちなみに私もこういうとこで撮影

したいけど、歩いていける距離に

無いんであきらめた。

チャリもしくは車を利用すれば

なんとかいけるか…めんどい。

徒歩で行ける範囲内で撮影を

済ます派です。

 

ブログに載せてる作品は本気で

更新してるギャラリーの一部

ですんで、

 

萩氏

萩沢写真館

 

篠有里

「街を歩く」

 

でまとめて見てもらえれば

うれしいです。

 

これからもバリバリ更新するぜ!

 

 


0 コメント

2016年

5月

15日

Machi wo Aruku 7と8 より(篠有里)

「街を歩く」Machi wo Aruku 7 より。

「迷宮の町にて」

 

ギャラリー展示作品を引っ張ってきました。ギャラリーも機会があれば見て欲しいっす。

この2枚に共通してるのは「建物の無防備な裏っ側」を撮ってる所です。

表はきれいでも、裏や横はそうでもないもんですね。で、そっちの方が写すの楽しい。

 

 

「街を歩く」Machi wo Aruku 8 より。

「夢中歩行」

 

裏側こんな色してたんだー、とか色々発見がある。

これはスーパーの裏側。表はこんな感じじゃない。オレンジ色っぽい。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・卵壊さない選択。

・37564だー!鏖殺じゃー!

・もとい、今まで助け合ってきた仲間と対峙することに、つーか全員倒さなきゃなんないんですが。

・イザボー姉さんに「怪我人に手を貸さなかった時からお前が嫌い」と言われた。そんな序盤から嫌われてた!

・皆殺しルートは仲間を捨ててダグザを取るルートですね。

・皆殺しが終わった後、ダグザが「おまえのパートナーとなる『東京の女神』を選べ」とか言ってきた。

・うーん、幼なじみ王道でアサヒか、でもトキも捨てがたい…と悩んでたら選択肢に普通に男が混じってる。

・え、じゃ、じゃあガストンで…あ、いいんだ男でも…寄る辺であり新しい命を生み出すための相手が…。

・東京の女神ちゅーより東京の男神(おがみとお読み下さい)じゃねーか…。

・ダグザ曰く「魂に性別なんて無いからOK」

・いったんロードして女神選択やり直し。緑色の幽霊ことナバールでどや。

・「魂には性別も関係ないし、幽霊だって関係ないからOK」女神の選択幅広いなーダグザ。

・君には私がいて、私には君がいる、真IIのEDみたいなセリフを持ってくるとこがあざといわあ。

・古いファンにも中途半端に媚びようとするこういうとこがよ…うーん。引っかかる。

・元ネタ真IIのヒロコのセリフ「でも、あなたには、私がいる。私には、あなたがいるわ」

・でも仲間を殺しちゃってパートナー1人しかいないって、戦力減だよね。一応フリンが付いてくるけどさ。

・東狂の先に進めない。はよ魔人合体解禁したいのに。仕方ないので攻略サイトを見る。

・扉を開けるアイテムが必要なのかい。マップ表示不可エリアでアイテム探しつつ魔人撃破か…先は長い。

 

 

おまけ。

神社に住み着いてる猫。声が可愛い。か細く高めの声で「ニィ~」と鳴く。そしてこのように身を任せてくれる。

神社に行けば高確率で会えるのに今回も煮干し持って行くの忘れた…。

 

日焼け止め塗っても手の甲の日焼けが止まらん!こんがり!

SPF50じゃ追っつかない!ひぃぃ~。

ネイルとかに気ぃつかって、もっと女子力高ぇ手にしたいと思いつつも、毎日家事やってる人間がそんな手で

いられるわけもねぇと思う今日この頃。

 

 

おまけ2。

撮影に出た時、目に付いた花を摘んでいる。

春なので色々な種類が摘めて、それに自分ん家の花を足して活けてみたら結構ゴージャスになった。

あ、もちろん人ん家の花とか公園とかからは摘んでこないよ。それはアウト。だめー。

空き地や砂利道、道路端や河川敷からのみ摘んでくるルールです。

マーガレットやオダマキなんかは増えやすいのか今の時期どこにでも咲いてる。菫なんかもいい。

 

惜しむらくはこの花瓶、ペットボトルを半分に切ったお手製(製作:母)なのよね。

ガラスのオサレ広口花瓶とかならもっといいのに…。

でも以前は「三共胃腸薬」ってラベルが貼ったままの薬ビンを使ってたからこれの方がまだマシかも。

0 コメント

2016年

5月

16日

魚眼生活3より(篠有里)

「街を歩く(魚眼)」 Life with Fish-Eye 3 より。

「青の日々」

 

螺旋階段と青い空。

太陽に向かってシャッター切る事など全く気にしない!

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・「女神 ガストン」になってる。俺の嫁なのかおまえ。

・フリンが完全服従。

・2人とも「主人公様のためなら!」状態。

・ダグザ・フリン・ガストン、そして主人公…男祭りだウッホウホ。

・東狂ちまちま進めて現在ブラックライダーまで倒した。あと3体。

・主人公のゴリ押しパワーじゃ段々きつくなってきた。仲間アタックも使えないし…分岐する前に攻略完了推奨だ。

・弱点が突けるだけまだやりようがあるけどなー主人公のスキルに属性魔法系全部入れてるから。

・とにかく東狂終わらせて2周目クリアしなければ。

 

皆殺しルート分岐する前の前、ヤマトんところでロウとカオスのEDを見てみたんですが、ほんとおまけ扱いだな。

打ち切りEDみたいだった。これのために周回するとかちょっとなー…。

さて次何プレイしよっかな。世界樹IVに手を出すかと思ったけど最近地図書き&タイトな戦闘が辛くてよう。

 

 

おまけ。

昨日の野の花アレンジを魚眼で撮ってみた。

砂利道の脇から摘んだオレンジ色のラナンキュラスみたいな花が可愛い。

中心の薄紫の花はうちの花壇で咲いてたもの。ムスカリもうちの。

分かりづらいけどレースフラワーというかノラニンジンの花も今が盛り。白く清楚な姿なのにノラニンジンという名。

もちろんタンポポやペンペン草だって花は可愛い。摘んできてここに加えてもOK。

 

このアングルだとどーやっても自分が写り込んでしまう。

跪いて腕を伸ばして撮ってます。重くて腕プルプル。

0 コメント

2016年

5月

17日

お萩&しのによる桜LC-A作品(篠有里)

萩沢写真館

Horizontal Shots 6 より。

 

私と萩氏が同じカメラを使っている、というのはこのLOMO LC-A+のみです。ちなみに銀塩時代です。

同じカメラを使い、同じ被写体を選択してもこのように違いが出る。それがそれぞれの個性ですよね。

萩氏はロングというか、引いた感じで撮る傾向があるよーな気がします。で、それがうまい。

 

LOMOLC-Aは周辺光量落ちが売りでしたが、私は思ったより出なかったなーという記憶があります。

萩氏は複数バージョンのLC-Aを使ってみたらしいですが、各機の個性はどんな感じだったんでしょうか。

 

 

篠有里

「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 8 より。

「かつてとやがて」

 

そして私は興味のある物にはめっさ寄りたいタイプ。

この後、メインで魚眼を使いたがる傾向がよく分かるってなもんです。

 

しかし昨日は暑かった…30℃超えてたぞ!ちくしょう!

25℃超えるとてきめんにしおしおプーな私に対してこの仕打ち!天気ファック!

 

天気を呪っても仕方ないんすが。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ。

・トランペッターまでやっと倒せたー。

・ペイルライダー戦でターン数オーバーで東狂の外に追い出されたちゅーねん。

・あとはマザーハーロットか…主人公ごり押しプレイで行けるかなあ…。

・禿ファーさんやメルカバー、サタンなんかをちゃんと強化&スキル計算してPT組まないと勝てない気がする。

・それが終わったら合体事故マラソン再開。まだできてない威霊や狂神や屍鬼結構いる。

・コペルニクスを実装すべき。DLCに加えて欲しい。マジ頼んます。

0 コメント

2016年

5月

18日

お萩&しのによる南国果物LC-A作品(篠有里)

萩沢写真館
Horizontal Shots 4 より。

 

お互いのLC-A+作品紹介、桜の次はなぜか南国系果物作品比べです。

萩氏はバナナ&パイナップル。

バナナの色がきれいだ。緑と黄の対比がいい。

 

お互いかぶる被写体と構図を選ぶときもあれば、同じ被写体を選んでも違う作品になるときもある。

私と萩氏はA・∞(詩と写真の合同ブログ。私はもうポエれない)以前からずーっと長いつきあいですが、

好き被写体や作品が同じようでいてそうでないような…似て非なるものちゅーか。

 

でも私は萩氏の作品が好きなんでこれだけ長く続いてる気がします。

 

 

篠有里
「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 8 より。
「かつてとやがて」

 

そして私は…よりにもよってドリアン(母の大好物)だー!

母、ドリアン大好きなだけあって剥くのもうまい。手慣れたもんです。

 

熟したドリアンがウ○コの匂いするとか言いますが、私はそーいった匂いには感じません。

こう、なんていうか言葉に表しがたい匂いというか、一つのカテゴリにくくれない匂いというか、

「ケミカルっぽくかつ三角コーナーで何か腐ったような強い匂い。ガス漏れっぽくもあるけどそれにとどまらない」

という感じでしょうか…味は野生のチーズケーキ(変なたとえ)甘くて濃厚なクリームみたいで悪くないです。

あ、でも私は嫌いです。ドリアンを冷蔵庫に入れる母に対抗してキムコのでかいの3つ買ってきたくらいだ。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・やっと…東狂が終わった…長かった。

・最後のマザーハーロット戦、攻略サイト見て準備したせいか一番楽だったという。下準備って大事だネ☆

・で、合体マラソンに戻るわけだが。萎えー。

・翡翠の守刀を自分で使いこなせる。ナバールの存在意義が…。

・フジワラ・ツギハギなどの偉いさんをSATSUGAIしても、各街のハンター商会は主人公のことをスルー。

・ダグザがはよYHVHを倒せとせかす。なすべき事をせよ、分かるけどちょっと待て。

・悪魔をカツアゲする時フリンも参加して搾り取ってくれる。これは絆ルートでもそうなの?

・メニュー開くときの主人公の口調が悪っぽい。

 

YHVHの宇宙を攻略する前に合体マラソンとチャレンジクエスト制覇しようかな…。

0 コメント

2016年

5月

19日

お萩&しのによる犬猫LC-A作品(篠有里)

萩沢写真館
Horizontal Shots 1 より。

 

萩氏は犬写真で。

この犬の笑ってるようななんとも言えない表情がいいですね。

君、首ゲーしないか?首苦しくないか?

 

この作品はLOMOLC-A+らしい周辺光量落ちが出てるんじゃないでしょうか。

 

以前LC-Aのトンネル効果を高めるレンズ!というのが発売されたときすぐ飛びついたのですが、

磁石でレンズを固定するというのがめっちゃ使いづらい上に、思ったよりトンネル効果が出ないんで

ほとんど使いませんでした。

特に磁石方式がめっさむかついた。何をしてもずれて、写真にレンズの部分が写り込むんだわ。

 

…てゆーか、私の使い方が悪かったんでしょーか。

 

 

篠有里
「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 7 より。
「かつてといつか」

 

私は猫で。以前飼ってた猫です。

名前はミミ子(本当はミミだけど、うちの家族は子をつけたがる)です。

今の世の中じゃ猫を放し飼いなんかにしたらいきり立った近隣住民が怒鳴り込んでくるはずんで、

猫もひも付き散歩でした。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・ブラックカードで入れるようになる高級店に風邪に弱くなるピアス売ってた。

・早速購入して装備。さあ!俺を風邪にしてくれ悪魔ども!カモンパンデミアブーム!咳き込み!

・まだ風邪状態にはなれてません。鉄壁!

・チャレンジクエスト残り1件まで片付けた。残りは「悪魔の弱点を1300回突く」だけです。

・1300回ってオイ。まだ500回くらいしか突いてないんだけど…先は長い。

 

YHVHの宇宙を攻略しつつ、弱点1300回をこなしつつ、風邪や瀕死になる…のは無理だ。

弱点突けば大抵1ターンで戦闘終わるし。

 

あー、もう、今までの合体結果とかどーでもいいみたいにチートで全書100%にしちゃおうかなあ…。

0 コメント

2016年

5月

20日

お萩&しのによる海LC-A作品(篠有里)

萩沢写真館
Horizontal Shots 2 より。

 

今回は海を題材にした写真編です。

サーファーは私も海撮影時よく見ましたが、何でみんなウミガメみたいな格好でパチャパチャしてんのか当時よく

分からなかった。ボディボードっていうのね。まぁなんにせよ私にはウミガメごっこにしか見えない。

 

カメごっこってお前。

 

独特の色が褪せてるみたいな色調が萩氏の銀塩作品の特徴ですね。

なんかこー、いい意味で「子どもの頃家族と行った海水浴(昭和編)」みたいな感じがする。

 

 

篠有里
「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 8 より。
「かつてとやがて」

 

見さらせ!サーファーとかいねぇ!遊泳も禁止だ!ハングルのゴミが漂い流れ着くビーチっぷり!

 

私一時期、人と会いたくない状態(仕事上ならしょうがないから我慢)の時がありまして、休みに撮影に行く場所が

拉致されようが犯罪に巻き込まれようが絶対迷宮入りになりそうな場所にばっか出かけてましたね。

暗い毎日を過ごしていたなあと今になって思い返すわ。うぎー。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・しゃーないんでYHVHの宇宙を攻略しつつ、弱点オートで弱点突きまくるプレイをしている。

・真IVでは長い方のダンジョンだと思う>YHVHの宇宙。

・過去作に比べれば楽な方ですが、これでも今のプレイヤーなら長い!とか文句垂れそう。

・DSのストレンジジャーニーは今の作品だけどオールドメガテニストな私も泣きそうなほどダンジョンキツかった。

・合体事故は起きない。つか風邪状態にならん。しゃーない、弱点オート戦闘ですから。

0 コメント

2016年

5月

21日

アオモリ、テキサス(篠有里)

題名「アオモリ、テキサスI」

 

元ネタはもちろん「パリ、テキサス」です。

私が他に好きな映画は「バグダッド・カフェ」

砂漠っぽい荒涼とした風景が好きなのかもしれない。

 

 

題名「アオモリ、テキサスII」

 

砂漠なんてありゃしないアオモリにそれを探す。

参加してます。よろしくお願いします。

0 コメント

2016年

5月

22日

LOMOFish-eye作業中(篠有里)

LOMOフィッシュアイの画像処理作業中です。

主にゴミ取りとかゴミ取りとかゴm(以下略)

 

デジタルならまーったく問題ない、魚眼ならではの黒い余白が銀塩だと超めんどくさい。

ゴミもそうだけど、色調が一定じゃないというかまぁ色々。

 

真IVFINAL2周目プレイメモ

・1300回の弱点突きに飽きてクリアしてみた。

・楽園だともらうダメージ少なくていいわね…あ、風邪に弱くなるピアス&貧弱装備のままでYHVH戦に。

・でも余裕で勝利。いやー、相変わらずの顔っぷりですねYHVHさん。

・勝利後ガストンがこのように産みまくる宣言。他のキャラでも同じ事言うとは思うがすげぇな女神(男)。

 

仮にクリアしてみましたが、まだ全書埋まって無いんでしばらく消化プレイしますわ。

消化プレイしきれるか分かりませんが…合体事故起きねぇ。

0 コメント

2016年

5月

23日

LOMOFish-eye作業終わり(篠有里)

うー、ゴミ取った取った。

ギャラリー2回分LOMOFish-eye過去作品処理完了。

あとは題名付け作業のみ…これが毎回難航するわけですが。

 

LOMOFish-eyeとEOS-5D+SIGMA交換レンズ魚眼の写りっぷりの差がおもしろい。

それを作業しつつ再確認してる。けどLOMOは銀塩のみなんで今は新しい作品を撮ることはできない。残念。

 

つかさ、LOMOはいい加減デジカメに移行してもいいんじゃねーかと思うんすが。

確かに銀塩の面白さってのは捨てがたいけど、LOMO系トイカメの写りを実現するデジカメがあったら

めっさ売れるちゅーねん。銀塩は金かかるし、失敗したらアチャーと思うんで今更戻れないのよねえ。

 

HOLGAデジタル買おうかな?一瞬と思ったけど、EOS-5D買ったから金無い(涙)し、a520ありゃ事足りるんで

いったんあきらめたよ。真四角なフォーマットのみが魅力的なだけでは買うまでには至らない。

 

それに私、色んなカメラあってもあんま使わないタイプだし。結局は愛機のみ重点使用なのさ。

 

真IVFINALはプレイお休み。

0 コメント

2016年

5月

24日

お萩&しのによる道路銀塩作品(篠有里)

萩沢写真館

Horizaontal Shot3 より。

 

さて、今回は萩氏LC-A+、しのG1ギャラリーから作品引っ張って来ました。

道路銀塩作品って何だよと思われるでしょうが、えー、お互い道路っぽい題材を銀塩カメラで撮った、みたいな。

まぁ相変わらずなテキトーな題名つけっぷりなんですが。

 

 

篠有里

「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 4 より。

 

私はこれの他にも道路や側溝が油でニジニジ(虹虹?)してる作品がありまして、萩氏に、

「アオモリの道路はそんなに油落ちてんのか?」みたいなことを言われた事があります。

い、言い返せない…。

0 コメント

2016年

5月

25日

お萩&しのによる雪景色銀塩作品(篠有里)

萩沢写真館

延長された表現型web1 より。

 

おハロー!(無駄に明るく)

今回の銀塩写真対決(?)は雪景色編です。つか対決だったのか?

 

萩氏は写ルンですギャラリー、私はこれから公開予定のLOMOFisheyeギャラリーから持ってきました。

色合いも萩氏は黄色系というかセピア、私のは青系でそれぞれ違った雪景色という感じが出てるかと。

 

 

篠有里

「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 9 予定より。

「かつてとそして」

 

アホみたいに雪積もるとこに住んでるけど、あんま雪景色に興味無い→そんなに雪景色の写真が無いのよね。

夏の暑い最中と雪がもさもさ降ってくる季節は必要最低限の行動しかできん。

できることなら引きこもっていたいところだ。ぬるま湯のよーな気温でいて欲しい。厳しさは求めない。

 

ギャラリーは2回更新予定です>LOMOFisheye分。

更新のため改めてスキャンし直し作業してたらLOMOFisheyeの写真、やたらと食い物を撮ってることに

気がついた。このカメラ使ってた時に限ってそんなに物食ってたんだろーか…?

 

全く関係ない話になりますが、前々回撮影に出た時の脳内BGMが「裸の銃を持つ男」のオープニング曲で

もうそれがずーっと鳴り響いていた。パトランプがグルグル脳内で回ってた。NO!

そして前回の撮影時は「超兄貴」のオープニング曲…ちゃーらーらっらちゃっちゃっちゃーらー!ズズズズドドドド

ちゃらららーちゃらららーちゃらららー♪ワ-ワワワーワワワ-「『ボ星』を中心とする『ビルダー帝国』を支配する、ワ-ワワワーワワワ-大銀河ボディービルコンテストにおいてワ-ワ-ワワワ-10連覇の偉業を成し遂げた帝王『ボ帝ビル(ぼていびる)』は、プロテイン資源の枯渇に悩み、ついに近隣星系を無差別侵攻しプロテイン採掘プラn(略)」

 

あのオープニングが脳内で完全再現!何でだよ!

 

てぷてぷ街を歩いて撮影してると余計なことを考えてしまうんでしょうか。

なんか他の音楽聞きながら撮影した方がいいのかもしんないけど、この前2個目の耳掛け式イヤホンが壊れた。

0 コメント

2016年

5月

26日

お萩&しのによる奇蹄類と偶蹄類LC-A作品(篠有里)

萩沢写真館

Horizontal Shots 4 より。

 

妙に長い題名になってしまった。

 

キリン=偶蹄類。

 

萩氏は行ける範囲に動物園があってうらやますぃ。

私は…水族館なら車で2時間かければなんとか…うおお、超めんどい。

 

 

篠有里
「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 7 より。
「かつてといつか」

 

ウマ=奇蹄類

 

LC-A+って、色合いがべったりして描写も飛んでたりすることもあれば、この馬みたいに毛の質感まで

しっかり撮れてる場合もある。読めないカメラっす。そこが面白かったんですが。

 

奇蹄類と偶蹄類とゆーか、蹄のある生き物つながりで思い出したんですが、大学時代キャンパス内に

よくカモシカ(偶蹄類)が出没してましたね。大学の裏っかわすぐ山だったから。超田舎。

 

よく出没して目撃例も高いというのに、

「学内でカモシカを見たものは留年する」

というジンクスがまことしやかにささやかれてました。アホか。

見たことがないヤツがいるのかというくらいよく見かけるちゅーねん。私も友人も目撃してたわい。

友人と一緒に歩いて下校する時、妙に視線を感じてふと山側を見たらめっちゃカモシカにガン見されてたわ。

 

ちなみにカモシカ以外にも、サークル棟2階から窓の下見たら雉が長い尾を翻して走り去って行ったことあり。

0 コメント

2016年

5月

27日

LOMO系見直し作業中(篠有里)

うーっす。しのです。毎日妙に暑いのう。

 

分かり切った挨拶はともかく、LOMOAFisheyeの取り込み&ゴミ取り作業を終え、2回分のギャラリー更新分の

作品を整理したわけですが、あんまり厳しく見直しかけたんで使ってない作品が結構あるなーと思い直したよ。

FisheyeもそうだけどLC-A+の方もそんな感じ。

 

つーわけでLC-A+1回分とLOMOFisheyeもう1回分のギャラリー更新に向けて調整し直すことにしました。

この写真も昔の作品から引っ張ってきました。見よ、なんかすごくヘルシーなおかず類(製作:祖母)を。

私が好きだとゆーのでいつもヤマクラゲの炒め物を作ってくれる。あ、何か無性に食べたくなってきた。

 

この手の生活感溢れる系の作品を全部捨ててたんで、次のギャラリーで公開する事にしました。

a520とLOMOFisheyeより見直しLC-A+の方が先になるかも>ギャラリー更新。

0 コメント

2016年

5月

28日

Katsute Aruita Machi 9 更新(篠有里)

つーわけでLOMOLC-A+のギャラリー更新です。

 

「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 9

キーワードは「かつてといつも」

 

前ブログにも上げて無かった作品も含まれます。

この桃写真もそうです。

急いで作業したんで題名とかちゃんとつけてないや。

 

作品傾向は日常系でちょっと地味な写真が多いですね。

作品解説などはまた改めて。

0 コメント

2016年

5月

29日

Katsute Aruita Machi 9 について(篠有里)

題名「社会人になっても試験からは逃れられないんだぜ」

 

2016年05月28日

「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 9 更新。

キーワードは「かつてといつも」

 

Katsute Aruita Machi 9 についてちゅーても、まぁ掲載してる作品をこっちに転載するくらいなんですが。

 

この写真、室内(蛍光灯の色)なのもありますが、みょーにこってり緑色が濃いこの感じ、今回のギャラリーを

更新するために過去作品を漁った時にも何枚か同じような色調の写真がありました。屋外でもこんな感じで。

多分その時使ってたフイルムはAGFA ULTRA 100だと思う。

個人的には「うーん…LC-A+でこれ使えば極彩色になるときーたけど…」程度な使用感でしたね。

あまりフイルムの特性を生かし切れなかったとゆーか。本当はなんかもっと使い方にコツがあったのかも。

その当時どこでも手に入ったフジスペリア400入れて撮った方がいいやと思ってた。

 

そのAGFA ULTRA 100ですが、1本だけ使わずに取ってあります。

冷蔵庫とかに入れてなくて、カメラバッグに無造作に入れっぱなしなんですけどね。

 

 

おまけその1。

 

屋外でAGFA ULTRA 100を使用した写真。

ネットでAGFA ULTRA 100を画像検索すると出てくる色調とちょっと違うよーな…。

極彩色ってこんな感じなんだろうか…。

 

 

おまけその2。

 

室内で使用した方。家の中(しかも夜)なのでかなり暗い。よってこのようにブレブレである。

確かに色調は鮮やかだけど、みんな黄緑っぽくなるのは何故なんだろう。

 

誰か正しい使い方を教えて☆なもんである。

0 コメント

2016年

5月

30日

更新と過去の詩+写真その他(篠有里)

「街を歩く」 Machi wo Aruku 7

「迷宮の町」より。

 

呪われた小学生であるところのあなたは
私がここから出ていきたいと思っている隙に
恐竜が歩く裏庭と
スポンジで出来た花壇と
鍵の壊れた理科室の
前を過ぎて
今日の終わりを告げに走ります
鐘の音とともに

(refrainより)

 

A・∞(萩氏と私でやってた詩と写真の合同ブログ)時代の作品より一部引用。

 

 

2016年05月28日

「街を歩く(旧)」 Katsute Aruita Machi 9 更新。

キーワードは「かつてといつも」

 

昨日は撮影しに行ったよーう。車出して。

やっぱ知らないちゅーか歩いたことのない町内の方がたぎるからのう…迷ってどんより調子悪くなるけど。

調子に乗った座敷犬(トイプー)に吠えかけられたりとかよう。

 

歩いていける範囲はかなり撮影しに歩いたんで、これからは車出してそっから歩く方式に切り替えないと。

いっつも同じ場所ばっかり歩いてるとどーも面白くないもんなあ。

不安になってお腹痛くなろうが、さまよってる方がいい作品撮れるぜ。つらいけど。

0 コメント

2016年

5月

31日

団地を撮ったり花を撮ったり(篠有里)

もちろん銀塩がすばらしいもんだとは思ってる。

でも今のメイン機はa520なのよねー。

お金が無い人間が写真続けるにはデジカメがないとダメなのさー。

 

ギャラリーの方もよろしくお願いします。

 

つーわけで、土日いい天気を無駄にすまいと撮影に出ました。

ほとんど廃墟になってる(入居してる人1~2世帯)昭和な感じの団地やら、お花を撮りにほっつき歩きました。

 

 

こっちは完全閉鎖。もったいないことに廃墟状態。

人の金で建てるからこうやって放置して、さっさと新しいの建てちゃうんだろうなあ。

 

でも新しい住宅は見た目も撮ってもつまんない造りだぜ。

暮らしやすさで言えば断然今建てた方が上なんだろーけどさ。

 

 

無機物ばっか撮ってて、あんまツタ以外の植物を撮ってこなかったんですが、最近自分なりの花写真を

撮ろうと思って積極的に被写体として花を扱うようになりました。

 

ストレートに花自体の美しさを撮るのが得意な人からすれば「何だこの花をまともに撮る気が全く見えない

写真はファッキン!」みたいな作品ばっかなんですが。

これだってピンは地面に来てるしよー。げへへ。

0 コメント